ヒプノセラピーとは

therapy

ヒプノセラピー(催眠療法)とは、患者の潜在意識の変容を促す簡単なセラピーのことです。

催眠下で患者には、新しい反応や考え、態度や行動、そして感情が形成されます。

催眠にかかっている人は、催眠にかかっていない人に比べて、

通常とは異なる特徴や傾向を示します。

最も顕著なものは、高い被暗示性と反応性です。

ヒプノセラピーの歴史は古く、

紀元前3000年ごろのエジプトにあった「眠りの寺院」では、

僧侶が患者に暗示をかけ病気を治療していたことが知られています。

アメリカでは1958年に「療法」として全米医師会で許可されており、

日本でも近年、薬や機械を使わない療法として注目されています。

フロイトやユングなどの精神分析医の理論を基礎とし、

催眠状態を利用して潜在意識に働きかけ、悩みや心因的な症状を改善することができます。

スポンサーリンク