ミルトン・エリクソン

Milton H〔yland〕 Erickson

ミルトン・エリクソンMilton H〔yland〕 Erickson, 1901年12月5日 -1980年3月25日)

ミルトン・ハイランド・エリクソン(1901年12月5日 – 25月1980)は、医療催眠と家族療法が専門のアメリカの精神科医、心理学者でした。彼は米国臨床催眠協会の創設者であり、米国精神医学会、アメリカ心理学会、アメリカ精神病理学協会の会員でした。彼は無意識の創造的解決法に関するアプローチで有名です。彼はまた、ブリーフセラピー、戦略的家族療法、家族システム療法、解決策に集中したブリーフセラピー、および神経言語プログラミングに影響を与えたとされる。

エリクソンは、無意識の心の力の例示するために、彼自身の経験をよく引き合いに出しました。彼は主に独学でした。彼の逸話や自伝教育の物語の偉大な多くは、「私の声はあなたたとともに」の中でシドニーローゼンによって収集されました。エリクソン催眠や自己催眠の彼の初期の個人的な経験の多くが収録されています。

エリクソンは、ウィスコンシン州、ローウェルの、ささやかな農家で育ち、父親のような農家になることを目指していました。彼は勉強が得意ではなく、失読症と色盲でした。彼は失読症を克服し、ミルトン・エリクソンの自己催眠の経験で説明されているように、自発的な自己催眠の「光の点滅」や「創造的瞬間」を経て、他の多くのインスピレーションを持っていた。

17歳で、彼はポリオを発症し、医師は彼が死ぬだろうと信じるほど激しく麻痺しました。彼は最悪であった重要な夜に、彼は別の形成的「自己催眠の経験」を得ました。

E:私はその夜ベッドに横たわっていると、私は3人の医師があなたの少年は朝には死んでいるだろう、と他の部屋で両親に伝える声を耳にしました。私は、子供が朝までに死んでしまうと母に伝えることに強烈な怒りを感じました。私の母は、その後できる限り穏やかな顔で来ました。私は、姿見をベッドの側面にある角度で、くっつけるように彼女に頼みました。彼女はなぜか理解していませんでした。私の意識が混濁していると思ったのです。私が話すのは困難でした。しかし、姿見の鏡のおかげで、その角度で、他の部屋の西の窓から、戸口を通って見ることができた。もう一回夕日を見ずに死んでしまうのは、最悪でした。もし絵が上手だったら、私はまだその夕日をスケッチできるでしょう。

R:あなたが医師の予測にもかかわらず、その日を生きぬいたのは、あなたの怒りともう一回夕日を見たいという気持ちがあったからだと思います。しかし、なぜあなたはこのことを自己催眠の経験と呼ぶのですか?

E:私は、空全体を覆っている広大な夕日を見ました。しかし、私は窓の外に木があることも知っていました、私はそれを見ないようにしたのです。

R:あなたはそれをブロックしたんですか?変性意識状態にあって、選択的知覚をしたということですか?

E:はい、私は意識的にそれをしませんでした。私は夕日全体を見ましたが、私はそこにあったフェンスと大きな石が見えませんでした。私は夕日を除いてすべてを遮断しました。私は夕日を見た後、私は3日間意識を失いました。私は最終的に目覚めたとき、そのフェンス、木、石を取りのぞいた理由を父に尋ねました。私は夕日に注意を強烈に固定したとき、私自身がそれらを消していたとは知りませんでした。私はその後回復し私には稼ぐ能力がないと知ったとき、どうやって生活費を稼ごうか思案しました。私はすでに、国の農業雑誌に論文を発表していました。 「なぜ、若い人々は、農家を去るのか」。私はもはや農家なるための力を持っていませんでしたが、多分医者にはなれました。

まだほぼ完全にベッドの中で寝たきりで、話すことができない、回復途上の彼は非言語コミュニケーションの重要性ーボディランゲージ、声のトーンと、これらの非言語的表現がしばしば口にされた音声とまったく矛盾することーを強く意識するようになりました。

私は、ポリオを患っていたし完全に麻痺し、炎症は感覚麻痺していたほど大きかったです。私はベッドに非常にさびしく横たわってしまいました。目玉しか動かすことができませんでした。聴力は正常でした。私は7人の姉妹、1人の兄弟、両親、そして身の回りの世話をする看護師と農場で隔離されました。そして私は「何か楽しいことはないだろうか?」と人と私の環境を観察し始めました。私はすぐに姉妹が「イエス」を意味するときに「ノー」と言うことができないことや、「イエス」と言うと同時に、「ノー」を意味することができることに気がつきました。姉らは他の姉妹にリンゴを提供し、それを我慢できました。そして、私は非言語的な言語と身体言語を勉強し始めました。私はハイハイしだした妹がいました。私は立ち上がって歩くことを学ばなければならないでしょう。そして、あなたは私がその赤ちゃんの妹がハイハイの状態から立ち上がる方法を学んで成長した過程に見た強さを想像することができます。

彼は自分の体の筋肉活動の「体の思い出」を思い出すようになりました。これらの記憶に集中することで、彼はゆっくりとある程度自分の体の部分の制御を取り戻すようになりました。彼は最終的に話し、彼の腕を使用することができました。歩くことはまだできませんでしたが、彼は- 一人で – わずか数ドルで千マイルのカヌーの旅にでることで、さらに彼の体を訓練することを決めました。この厳しい旅した後、彼は杖で歩くことができるようになりました。この経験は、治療で「試練」を使用するエリクソンの技術に貢献している可能性があります。

エリクソンは、熱心な医学生でした。そして精神医学に興味がありました。彼がまだ薬学を勉強している間に、彼は心理学の学位を取得しました。ずっと後に、50代で、彼は部分的に麻痺筋を慢性的に過剰使用することで引き起こされる痛みや筋肉の弱さによって特徴づけられるポリオ後症候群を発症しました。このことはより深刻な麻痺を残し、しかし、前に一度経験をしてたことはありますが、

そして彼は今、筋肉を回復するための戦略を持っていました。この二回目の回復の後、彼は車椅子を使用せざるをえなくなり、慢性的な痛みに苦しみ、彼は自己催眠でそれを抑えていました。

目覚めた後私はすべての痛みを出すために、通常、1時間かかります。私が若かったときにはもっと容易でした。私は今より多くの筋肉や関節の困難を抱えています…。最近、痛みをコントロールすることができる唯一の方法は、ベッドに座っていることでした。椅子の近くを引っ張って、そして、椅子の背に対して私の喉頭を押します。それは非常に不快でしたが、私が意図的に作っていた不快感でした。

1950年代初頭に、人類学者/人工頭脳学者グレゴリー・ベイトソンは、エリクソンにコミュニケーションの彼の広範な研究の一環のコンサルタントとして参加するよう要請しました。ベイトソンとマーガレット・ミードミードがバリでトランス状態で作られたフィルムを分析するために彼に呼ばれた後、二人は先に会いました。ベイトソンを通じて、エリクソンは、ジェイ・ヘイリー、リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーに会いました。そしてそれら彼らに深い影響を与えました。彼らは彼についていくつかの本を書くようになりました。

1973年、ジェイ・ヘイリーは、アンコモンセラピーを発表。この本は初めて、臨床催眠コミュニティ外の人々にエリクソンと彼のアプローチを紹介しました。エリクソンの名声と評判は急速に広がり、多くの人々が、彼に会うことを望んだので、彼は教育セミナーの開催を始め、これは彼の死まで続きました。

ミルトン・エリクソンは4人の息子、4人の娘、および心理学、精神医学、心理療法、催眠療法、教育学、コミュニケーションの世界に永続的な遺産を残し、78歳で、1980年3月に死亡しました。

エリクソンは、ジェイ・ヘイリーが書いた「アンコモンセラピー」や「催眠療法:探索的事例集」(

ミルトン・エリクソン、アーネストL.ロッシ)(1979、ニューヨーク:アーヴィングトン出版社)に記載されているように、心理療法のしばしば型破りなアプローチのために注目されます。彼は催眠と同じくらい、治療に使われるメタファーやストーリーを広範な範囲で使用しました。また、比較的少ないセッションで治療を行う彼の方法をブリーフセラピーと名づけました。

1950年代初頭、エリクソンの介入の使用は、ヴァージニア・サティアとジェイ・ヘイリーといった、戦略的な治療と家族システム療法の実践家たちに影響を与えました。彼は患者についての何でも「利用」する能力で注目されました。患者を変化させるのに、信念、好きな言葉、文化的背景、個人的な歴史、あるいはその神経症習慣でさえ利用したのです。

意識からまったく独立している無意識という概念化を通じ-つまり無意識が気付いていること、無意識の関心、応答、および学びを通じー、彼は無意識が創造的、解決志向、そして多くの場合、ポジティブであることを教えてくれました。

彼の手法に基づいて、神経言語プログラミング(NLP)の一部が作られたほど、彼はNLPに

重要な影響を与えた。

エリクソンは、患者がトランス状態にあるかどうかに関わらず、無意識の心はいつでも聞いて、暗示にかけることができ、この暗示は無意識レベルでの共振がある限りは、催眠的影響を持つことができると考えていた。患者はこのことを認識することができる、あるいは、何かが起こったことを完全に忘れる可能性があります。患者が、直接的暗示または間接的な暗示に応答し、無意識が治療過程に積極的に参加するかどうか、エリクソンは見ようとしていました。このように、通常の会話のように見えるものが催眠トランスを誘発したり、患者の治療的変化を促す可能性がありました。ウェイツェンホーファーによれば、「無意識の[エリクソンの]概念は間違いなくフロイトが持っていたものではありません。」

エリクソンは、手に負えない実用的なジョーカーでした。 彼が自分の書籍、論文、講演会やセミナーなどあらゆる状況に間接的暗示を滑り込ませるのは珍しいことではありませんでした。たとえば、ある学生がエリクソンの晩年彼の自宅で開催された5日間の集中セミナーに到着したときのこです。エリクソンが彼女に、なぜ来たのか聞いたとき、彼女は率直に答えました:「私の先生は、あなたが死ぬ前に見に行く必要があると私に言いました。」 エリクソンは微笑んで言いました:「先生に私は決して死のうとはしないと伝えなさい。」一同は、しゃれに笑いました。そして、エリクソンは、目の中をきらめかせて、言いました。「死を回避する方法を知りたいですか?必ず毎朝目を覚ましますね。あなたは毎朝目を覚ますことを保証する方法を知りたいですか?」彼は、こう続けました「寝る前に、液体をたくさん飲みなさい!」

エリクソンはまた、セラピストがトランスに入ることがあっても適切であると信じていました。

私はイントネーションや私の患者さんのスピーチの語形変化に敏感になるように、私はトランス状態に入ります。よく聞こえるように、より良く見えるように。

エリクソンは、トランスが日常茶飯事で、普通であると言い続けました。例えば、バスや電車を待っているとき、読んでいるときあるいは聞いているとき、あるいは、激しい運動をしているとき、その状態に浸って、他の無関係な刺激が削除されトランス状態に入ることは非常に正常なことです。これらの状態は、非常に一般的でよく知られているので、ほとんどの人が意識的にそれらを催眠現象として認識しないのです。

ただし、疑問や素晴らしいの経験、または関心がある何かに、注意が固定されているときならいつでも同じ状況は、日常生活でも起こります。そのような瞬間に人々は普通の日常のトランスを体験します。彼らは、右または左を注視する傾向があります。それは大脳半球のどちらが支配的であるに応じます(Baleen, 1969)。そして遠くまたは霞を見ます。彼らの目は実際閉じられているかもしれないし、体は、不動(カタレプシ)になる傾向があります。特定の反射 (例えば、嚥下、呼吸など)が抑制されるかもしれません。そして、新しいアイデア、応答のための無意識のレベルで自分の内側の検索、または一般的な現実の向きを再安定化する基準のフレームが完了するまで、周囲のことを一時的に忘れているようです。私たちは日常生活において、意識は一般的な現実の状態と瞬間的な小規模のトランスの継続的変化の状態にあると仮定した。

エリクソンはトランス状態が自然に頻繁に発生すると予想したので、彼は、患者が診察室で彼と一緒にいないときでさえ、治療的にそれらを利用するようにしました。彼はまた、トランス状態が発生する可能性を増大させる多くの技術を発見しました。彼は言語的および非言語的技術を開発し、一般的驚き、夢中と混乱の経験が、事実、トランスの一種であるというアイデアを確立しました。

明らかに、トランスには非常に多くの種類があります。多くの人々は、“深い”トランスの考え方に精通しています。エリクソンの彼のキャリアの前半で、その状態に関連付けられている、ユニークで顕著な現象を、個々の試験対象と一度に多くの時間を費やしトランスを深め研究した先駆者でありました。

トランスが「浅い」または「深い」ということは、トランスの深さが一次元連続体であることを示唆しています。しかし、エリクソンは、多くの場合、同じ患者に複数のトランス状態を求めます。例えば、患者に「目を覚ましているかのように」振舞うように指示し、それによって催眠と覚醒状態の間の線をぼかすようなことをしています。

エリクソンは、利用することができる複数の状態が存在すると信じていました。これは、チャールズ・タルトの意識のすべての状態は、トランス状態であり、私たちが「通常の」覚醒意識と呼んでいることは単に「コンセンサストランス」であるとういう考えと似ています。

古典催眠は権威的、直接的であったため、多くの場合、患者の抵抗に会いました。エリクソンのアプローチは、許容的、間接的です。例えば、古典的な催眠術師が、「あなたはトランス状態に入っていきます。」と言うかもしれないところを、エリクソン催眠術師は、「あなたは快適にトランスに入る方法を学ぶことができます。」と言う可能性が高いでしょう。このように、彼は、患者が自分のペースで、利益の意識しながら、最も快適である暗示を受け入れるような機会を提供します。患者はせかされておらず、自分には主導権があり、誘導に参加していることを知っています。誘導は会話の過程で行われるため、エリクソン催眠はしばしば隠密催眠、会話催眠として知られています。

エリクソンは、無意識を意識的に指示するのは不可能であり、権威的暗示は抵抗に会う可能性が高いとする立場を取り続けました。無意識は、オープンであること、機会、メタファー、シンボル、矛盾に反応します。効果的な催眠の暗示は、つまり、「巧みに曖昧」である必要があり、患者の無意識の理解が埋めるためのスペースを残しておかなければなりません。- 彼らは意識的に何が起こっているのか把握していない場合でも。熟練した催眠療法は、個々の患者に最も適したこれら意味のギャップを構築します。それが望む変化を起こす可能性が最も高い方法です。

例えば、権威催眠で「あなたは喫煙を停止します」と言うのは、「あなたは、非喫煙者になることができます」と言うのよりも無意識のレベルではあまりレバレッジが掛からないでしょう。前者は、直接的命令です。従うか、無視するしかありません。(それと、それは喫煙の行為に注意を引くことに注意してください)。後者は、オープンです。可能な継続的変化への招待、圧力がなく、抵抗を受けにくいです。リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーはこの種の「巧妙な曖昧さ」を突き止め、エリクソンの催眠言語パターンを体系化した「ミルトンモデル」の中心的な特徴としました。

「私の技術では、ほとんどすべて、混乱を使っています。」

混乱した人は意識が働き占有されてしています、そして、物事の意味を理解しようとして無意識に学習に適した状態に非常になりやすいです。混乱した人は、自分で作り出したトランス状態にあります- したがって、抵抗なく容易にトランス状態になります。混乱は、あいまいな言葉、複雑なまたは無限の文、パターンの中断または他の無数の技術により派生的検索を引き起こすようによって作られます。

「催眠術」と言う言葉を作ったスコットランドの外科医ジェームズ・ブレイドは、集中の注意が催眠トランス状態を作成するために不可欠であると主張しました。確かに、彼の論文は、催眠術は本質的に極端に集中している状態だったということでした。しかし、それでは、痛み、恐怖や疑いによって苦しむ人々が何かに集中することが全く困難になる可能性があります。したがって、トランスを誘導するための他の技術が重要になります。エリクソンの次のように説明しました:

…長く、そして頻繁な混乱法の使用で、ターミナル悪性疾患のような急性の痛みがある患者や敵対的、攻撃的、および抵抗をする患者に対して、何回も非常に急速な催眠誘導が引き起こされました。

エリクソンの最もよく知られている技術革新の中に催眠握手誘導があります。これは混乱法の一種です。この誘導は、催眠術師が患者と握手すると見せかけて、手首をつかんだりすることよって握手の流れを中断することで行われます。もし握手が長く続かないと思われているのに続くなら、シンプルな、非言語的なトランスが作成され、次いでこれを強化または催眠に利用することができます。すべてのこれらの応答は、患者が意識しないところで自然と自動的に行われます。

リチャード・バンドラーは、エリクソンにこの握手の技術を教えられたと言いました。しかし、バンドラーが一部事実を歪曲していることは明らかです。  実際には、エリクソンは「徐々に右手の力を抜いていく」など不可能だからです。なぜなら彼はほぼ完全に右手が麻痺していたからです。バンドラーはビデオの中で、「治療的変化の創出」について話しています。

握手をすることは1つの動作のかたまりとして認識され行われるため、この誘導は機能します。靴ひもを結ぶことは、別の典型的な例です。動作が途中で止まったり、別のものに気をそらされると、人は文字通り、精神的なスペースがなくなります。無意識のうちに「真ん中」がない動作の実行の途中で止まってしまいます。心は、何か新たな方向性が「パチン」と与えられるまで、自分自身をトランス状態に置くことで応答します。熟練した催眠術師は、多くの場合、迅速かつ容易にトランスを誘導するために、その瞬間的な混乱と正常なプロセスの停止を使用することができます。

エリクソン自身の非常に詳細な説明を含む、催眠握手の様々な説明は、それにはある程度の即興的要素があることを示しています。観察や、患者に応答することが成功への鍵です。

次のようにエリクソンは、通常の手順を説明しました:

開始:私は握手をすることから始めたとき、私は通常そうしますが、私が手を緩めると、次は「催眠タッチ」を開始します。手を緩めることはしっかりしたグリップから親指でのやさしいタッチになることです。そして、小指を這わせて、中指で患者の手をかすかなブラッシング – 漠然とした触られたという感覚で十分です。被験者が親指のタッチに意識を向けたとき、あなたは中指のタッチに移行し、もう一度は親指でタッチします。

この注目の喚起は、応答への刺激を構成することがない、喚起です。

握手から患者が手を戻す行為が、待機、および期待のこの注意喚起によってつかまります。

そしてほとんど同時に(別々の神経が認識するので、完全に同時とはいえませんが)、あなたはとても優しく手(手首)の下面に触れます。

終了:患者にあなたが何をしているか知られたくない場合は、普通の会話で注意をそらします。時に彼らは、こういいます。「何って言ったの?私はぼんやりとしていて、そこに注意を払っていませんでした。」

これは、被験者にとっては少し悲惨で、彼らの注意が、手の刺激にとても集中していたので一瞬うっとりしていて言われたことを聞いていなかったことの指標となります。

利用的アプローチ:利用的アプローチはトランスの深さを高めることにつながります。すべての利用的アプローチは、初期手順の延長の継続として進めるべきです。多くは言語を使わずに行うことができます。  例えば、患者がぼんやりと私を見ているだけの場合は、私はゆっくりと、下方向に視線を移動して、「ここを見てください。」と言い、患者の手を触り手を見させることができます。これは、トランス状態を強めます。その後、患者が手を見ているか、単にぼんやりとあなたを見つめているかどうかに関わらず、あなたは上から、または側面からその上がっている右手を左手で、単に下へ手を動かすように暗示を与えるように、触ることができます。時折下に押すことが必要です。強力に押す場合は、麻酔状態を確認してください。

リチャード・バンドラーは握手で誘導を行うことの熱心な支持者でした、そして、一般的にNLPのワークショップで教えられている彼のオリジナル法を開発しました。予期せず中断されているすべての習慣的なパターンは、突然の軽いトランスの原因となります。握手は形式が社会的ルールの広い理解があるため、中断すると特に有効なパターンです。握手の品質にコメントするのは失礼だろうと誰もが知っているので、それがいかに奇妙なのかに関わらず、相手は自分の内の検索を始めなければなりません。 (トランス派生検索として知られています。トランスの普遍的かつ説得力のあるタイプ)この検索で、覆されたパターンの意味や目的を特定しようとします。

エリクソンは、多くの人が催眠術や治療法におびえていることを認識しており、個々の患者の抵抗を尊重しました。治療過程で彼は「常に患者に抵抗をするあらゆる機会を与えなさい」と述べました。

抵抗に関連するいくつかの関連性のある引用は、以下のとおりです。

患者がどのようなことを行っても、それが受け入れられ、さらに応答した行動のために利用すべきです。「修正」または患者の動作を変更しようとすると、または彼らが興味を持っていないことを強制的にさせると、トランス誘導と深い昏睡状態の経験に不利に作用します。

患者が1つの暗示を受け入れるように導くことができる場合には、彼らはより容易に他の暗示も受け入れます。抵抗している患者には、彼らが受け入れることができる暗示を見つけることが必要になります。抵抗は、常に重要です。そして、常に尊重されるべきです。故に、抵抗自体が奨励されている場合は、患者はどのように望んでも、それに応答することが許可されていることを知っているので、より快適に感じるようになっています。

多くの場合、患者が明らかに能動的に抵抗しているときは、催眠術師が自分の意思どおりに操ろうとしてるのではないかと考え無意識にテストしようとしているもの以上ではありません。

抵抗にあったときすることの考え方は基本的に催眠に沿ったものですが、それは催眠とトランスを超えています。典型的な例では、爪をかむ少女は、彼女は本当は爪かむのを楽しんで自分をごまかしていると言われました。彼は、最大限の喜びを導き出すことができるよう爪の一部を少し長くするよう言いました。彼女は、その後、全ての爪を長くしてそれらを噛むのを楽しもうと決意しました。数日後、彼女はとにかくそれらを噛みたくなくなったことに気づきました。

エリクソンは、催眠療法士として最も有名ですが、彼の豊富の研究と催眠術の経験は彼を有効な治療法の開発へと導きました。これらの技術の多くは、明示的催眠ではありません。しかし、それらには催眠の戦略と言語パターンの拡張があります。エリクソンは、トランスへの抵抗は変化することへの抵抗と似ていると認識しました。そしてその意識を持ち彼の治療アプローチを開発しました。

ジェイ・ヘイリーは、エリクソンの治療アプローチで繰り返し登場するいくつかの戦略を見極めました。

抵抗の奨励ーエリクソンにっとって、古典的な治療での「・・・ついてすべてを教えてください」という要求は、攻撃的かつ失礼でもありました。代わりに、彼は抵抗が見られる患者に対して情報を心のとどめておいて、準備ができたときにだけ教えてくれるように言いました。

私は通常、こう言います。「あなたは私に教えたくない、私に知って欲しくない多くのことがあります。あなたが話し合いたくない自分自身について多くのことがありますが、喜んで話し合いたいものについて話し合いましょう。」彼女は何もかもすべてを保留する包括的許可を持っています。しかし、彼女は物事を議論するために来ました。そのため彼女は、これについて議論を開始します。それを議論します。そして、それはいつも「まあ、これはについて話をするすべての権利です。」そして、彼女は、終了する前に、全てを話してしまいます。そして、それぞれの新しいアイテム – 「さて、これは本当に私はそれを遠慮する必要があることが重要なのではありません。私はより重要な事項については留保する権限を使用することができます。」単純な催眠技術です。留保の考えに応答するようにさせ、
、コミュニケーションの考えに応答させるための。

「どうして私がこんな事に?」または「あなたにはできっこない」と考えることで、指示に反応する人もいるかもしれません。それは患者に暗示の正反対を検討する動機を与えるため、極性応答と呼ばれます。意識は話している最中に否定(「Xをしないでください」)を認識しますが、エリクソンによれば、

無意識の心は「しないでください」という禁止命令よりも「Xをしなさい」により注意を払っています。エリクソンは、意図的に否定形を使い、重要な文言をマークし、クライアントがしたことは何でも有益になる状況を作り出すための暗示の基礎としてこれを使用します。「あなたはトランスに入る必要はありません、だからあなたは簡単に気づくことについて疑問に思うことができます、あなたの手がゆっくりと上昇していることを認識できる準備ができるや否や。」

さらに悪い代替の提供(「ダブルバインド」)- 例:“あなたは今、トランスに入りたいですか、それとももっと後にしますか?」 「ダブルバインド」は二つの選択肢を患者に示し過負荷を与える方法です。どちらの受け入れも、治療的暗示の受け入れを表します。

私の最初のよく覚えているダブルバインドの意図的な使用は、初期の少年時代のことです。ある冬の日のこと、零下の天気で、私の父は、納屋の外の水槽に子牛を導きました。子牛はその渇きを満たした後、彼らは、納屋に戻ります。しかし、戸口で子牛は頑固にその足を引き締め、父はホルターネックを絶望的に引くにもかかわらず、びくともしませんでした。私は外で雪の中で遊んでました、

行き詰まりを見て、心から笑い始めました。私の父は納屋の中まで子牛を引いてみろと私に言いました。子牛の理不尽な頑固な抵抗として、状況を認識し、私は、子牛が抵抗する完全な機会を持たせることにしました。それは明らかに行うことを望んだものだったので。そこで私は、ダブルバインドを子牛を仕掛けました。尾をつかんで、納屋から離れるように引っぱる一方、私の父は、中に入るようにそれを引っ張り続けました。子牛は、速やかに二つの力の弱い方に抵抗することを選び、納屋に私をひっぱっていきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>