ジョン・ミルン・ブラムウェル

John Milne Bramwell

ジョン・ミルン・ブラムウェル(John Milne Bramwell 1852年5月11日 – 1925年1月16日)スコットランドの医師、外科医や専門医療催眠術師でした。彼はパースで生まれ、エディンバラ大学で教育を受けました。

ジェームズ・ペイトン・ブラムウェル(1824-1890)の末の息子で4番目の子です。彼の父はパースロイヤル診療所とエレノアブラムウェルのチーフコンサルティング外科医、旧姓オリバー(1821年から1901年)でした。ジョン・ミルン・ブラムウェルは、1852年5月11日にスコットランド、パースで生まれました。

彼の姉妹の一人、エリザベス・アイダ・ブラムウェル(1858-1940)は、婦人参政権論者アイダ・ダグラス・ファーンとしてカナダで有名になります。

二番目の二姉、エレノア・オリバー・ブラムウェル(1861-1923)は、心霊研究者、心霊現象研究協会のメンバーであり、フェビアン協会の創立メンバーのフランク・ポドモア(1855年-1910年)と結婚しました。

彼は東ダルウィッチの聖ヨハネ福音史家教会で、1875年6月にメアリーハリエット・レイノルズと結婚しました。

彼らは二人の子供を授かりました。メアリー・エレノア・オリバーブ・ラムウェル(c.1876-?)とエルシー・ドロシー・コンスタント、旧姓ブラムウェル(1880年から1968年)彼はイタリアのオスペダレッティにある、ミラマーレパレスグランドホテルで1925年1月16日に死亡しました。

彼の父はエスデイルのメスメリズムの実験を見たことがあり、少年時代のブラムウェルは彼の父がそれをまねしたのを見ていました。エディンバラ大学で医学を勉強しながら、彼はジョン・ヒューズベネット(1812年から1875年)の影響を受けていました。

1890年3月28日ブラムウェルは、歯科および外科麻酔のための催眠術の使用の公開デモンストレーションを行いました。

彼はヨーロッパで広く旅し、催眠術の重要な拠点のほとんどを訪問しました。彼はまた、ナンシーのイポリット・ベルネイム(1840-1919)、パリのジャン=マルタン・シャルコー(1825-1893)、フレデリックウィレム・ヴァン・エーデン(1860-1932)とアムステルダムのアルバート・ウィレム・ヴァン・レントゲン(1846-1939)、ナンシーのアンブロワーズ・オーギュスト・リエボー(1923-1904)とストックホルムのオットー・ゲオルク・ウェルタースタンド(1845-1907)の研究を直接観察しました。

パリで有名なフランスの神経学者シャルコー、「ヒステリー派」の創設者、を訪問していたブラムウェルは、催眠術に関して彼に強い影響を受けました。

ブラムウェルは、催眠術の創設者ジェームズ・ブレイドの深い研究を行い、英国で彼が再評価されるきっかけを作りました。ブラムウェルは、ブレードの孫、チャールズと同じエディンバラ大学で医学を学びました。その結果、特にベネットとのエジンバラでの勉強のおかげで、ブレイドに非常に精通していました。そして、より重要なのは、チャールズ・ブレイドを通じて、彼はまだブレイドの家族によって管理されていたブレイドの出版物、記録、論文を目にする機会を持っていたことです。

1896年にブラムウェルはこう記しています。ブレイドは催眠術の学生によく知られている、しかし、めったに、彼が「無知と迷信から科学を救出するのに重要な役割を果たした」と言われない。

ブレイドは暗示の何も知らなかった、そして、暗示療法の歴史は1880年代後半でナンシー“暗示”派ではじまったという誤った見解は、 広くイポリット・ベルネイムよって推進されていました。

1897年、ブラムウェルは重要なフランスの催眠術ジャーナルのためにブレイドに関する記事を書きました。彼はまたブレイドや彼の研究の重要性を強調し、他の記事も書いたのです。ブラムウェルの記事への彼の応答で、ベルネイムは、ブレイドが暗示の何も知らなかったという完全に誤った見解を繰り返しました。ベルネイムのこの反応にブラムウェルはさらにブレイドの業績を強調します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>