ジョン·エリオットソン

John Elliotson

ジョン·エリオットソン(17911029– 1868729日)

彼はロンドン大学で医学を教えていた教授であり、大学病院にも勤める医師でもありました。聴診器をはじめて使ったり、イギリスで初めて鍼治療を行ったり、先鋭的な立場を取り、臨床医しての技術も非常に高かったようです。彼はイギリスで影響力のあったを機関誌「Zoist」の共同編集者を務めていました。Zoistは大脳生理学とメスメリズムを人間福祉に適応するという理念の雑誌であり、年4回1843年から1856年まで継続して発刊されました。

浅黒い大きな顔のながら身長は152cmで、1828年の馬車の事故以来足が不自由でした。

見た目の異様さに関わらず、彼の講義は非常に構造化されており劇のような活気があるとして、賞賛される教師でした。ひとたび彼が大学で講義を始めると、医療情報誌で内容が報告されました。このようなことが何年間も続き、彼は大英帝国における卓越した医師としての地位をゆるぎないものにしました。

彼は、骨相学に興味を持つようになり、1823年ロンドン骨相学の協会を創設しました。

1829年にリチャード·ケネビクスが行った実演を見て、彼ははじめて催眠術に関心を持ちます。

1837年4月に、彼の病院にてんかんの治療のために入院していたオーキー姉妹を被験者として、彼は催眠を使用しました。しかし、一連の実験はあからさまな詐欺だとして、審議の上エリオットソンは病院から追放されてしまいます。

彼の評判は急速に落ち、1868年に無一文でこの世を去ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>