ジェームズ・エスデイル

James Esdaile

ジェームズ・エスデイル(James Esdaile)(1808-1859)は、催眠術の歴史の中で注目すべき人物です。3回結婚しました。

彼はスコットランド、アンガス、モントローズ、1808年2月6日に生まれ、牧師ジェームズエスデイルとマーガレット·ブレアの長男でした。彼は、エジンバラ大学で医学を学び1830年に卒業しました。

1830年、彼は東インド会社のアシスタント外科医として任命され1831年に、カルカッタ、ベンガル(英領インドの後、首都)に到着しました。思春期以来、慢性気管支炎や喘息に苦しんできたが、エスデイルはインドの異なる気候が有益であろうと考えていました。しかし、彼は体調を崩し、1836年から1838年まで延長休暇を与えられました。

休暇が終わると、彼はカルカッタへ、すぐに小さなフーグリ川病院に任命されました。そして、地元の刑務所病院を担当していました。

1845年4月、エスデイルは、彼の最初のメスメリズムの実験を実行しました。彼は二重水腫を患っている囚人を治療しました。排液及び陰嚢の片側の注入が患者に痛みを引き起こしており、このことがエスデイルを第2の手術として催眠術を試す決心をさせました。

このときまでにエスデイルはメスメリズム的な行為を見たことがなかったです。しかしこ患者の痛みのレベルと彼が読んでいたものから得ていた理解を考えると、催眠術は大きな価値があるかもしれないと彼は自然に思ったのでした。

「患者がこのように苦しんでいるのを見て、私は、現地のサブアシスタントの医科大学の学生に、彼が今までにメスメリズムを見たことがあるか尋ねました。彼は、医科大学でそれを見たことがあると答えましたが、そのことにさしたる意味はありませんでした。続けて私は『私はこの人にそれをしようとしているが、私は見たことがないし、読書からでしかそれを知らない。私はおそらく成功しないでしょう。』」

しかし、エスデイルは成功しました。その行為は疲れるものでした。

エスデイルの方法はこのようなものでした。

まず患者にロース布のみを着させて、暗い部屋で横たわらせ、手を爪の形にして患者の体の上、 表面の1インチ以内を頭の後ろから胃にかけて、ゆっくりと繰り返し通過させます。このとき彼は患者の後ろに座り、頭から目にかけてやさしく息を吹きかけていたようです。患者はほとんど彼に頭と頭が重なる形で寄りかかります。エスデイルの右手は患者の胃の上に長時間置かれていたようです。

結果として、エスデイル自身の健康は良いとは到底言えない状態になります。彼はすぐに、この体力のいる行為を委任し始めました。彼のアシスタントが患者を10~12日間にわたり一日に数時間催眠にかけ、必要なときに関わることができるようにしました。そして自身は手術に体力を温存できるようにしたのです。

短期間でエスデイルは、ヨーロッパ人や先住民コミュニティで無痛手術を行う医師として広い評判を得ました。特に当時ベンガルで流行していた蚊が媒介のフィラリア症(象皮病に似ています)による陰嚢「腫瘍」の場合、エスデイルの催眠麻酔は非常に安全でした。

1846年、エスデイルのメスメリズムを使った無痛手術はベンガルの副総裁、サー·ハーバートマドックスの注意を引きます。マドックスはエスデイルの主張を調査するために7人の評議員(医療と非医療)を任命しました。彼らは、1846年10月9日に、正式報告書を提出し、カルカッタの小さな病院は、1846年11月に処分を受けます。

1848年までに催眠病院が、特にエスデイルのために、カルカッタにオープンしました。しかしこれは、ベンガルの副知事サー·ジョン·リトラーが18ヶ月後に閉鎖します。

1848年に、インドの総督ダルハウジー、外科医長のポストにエスデイルを任命しました。そして、1850年、ダルハウジーは、カルカッタで催眠病院の継続をサポートしていない一方、エスデイルと彼の仕事に大きな敬意を持っていたため、海洋外科医にエスデイルを任命しました。

エスデイルは20年の契約満了時、1853年にイギリス東インド会社から引退しました。

スコットランドに戻った後すぐ、彼はシデナムに定住しました。ここで彼は1859年1月10日に死亡しました。彼は西ノーウッド墓地に埋葬されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>