イポリート・ベルネーム

Hippolyte Bernheim

イポリート・ベルネーム(Hippolyte Bernheim)(ミュルーズ、1840年4月17日 – パリ、1919年2月22日)は、アルザス、ミュールハウゼンで生まれ、フランスの神経科医でした。彼は主に催眠術に関連する暗示の理論で知られています。

ベルネームは、生まれた故郷とストラスブール大学で教育を受け、1867年に医師として卒業しました。

1871年、普仏戦争の後、ストラスブールがドイツ領になった際、彼はナンシーに移り、その地で後にアンブロワーズ・オーギュスト・リエボー博士と共同研究を始めます。彼は臨床教授としてこの街で有名になります。

同大医学部が、1880年ごろ催眠術を取り上げた際、ベルネームは非常に熱心ですぐに調査のリーダーの一人となりました。彼は医学のこの新しい分野ではよく知られている権威になりました。

セラピストによって誘発された偽の記憶の初期の例の一つは、1880年代ベルネームの報告にさかのぼります。彼は若い女の子がレイプされているのを目撃していたと暗示をかけます。セッションの後ベルネームは彼女に「それが夢ではない。それは私があなたの催眠睡眠中にあなたを与えたビジョンではありません。」と述べました。「それは真実そのものです。後に捜査が行われれば、あなたは真実がわかるでしょう。」

ベルネームの友人の一人は、そのレイプについて、強姦者と犠牲者の名前、日付、時間、場所などを含め、3日後に尋ねました。その後ベルネームは、マリーに「よく夢でそのようなビジョンを見ることはないか」と尋ね、証言の信頼性をテストしましたが、マリーは、物語の真実性の断固譲りませんでした。マリー、裁判で宣誓、証言することに合意したのでした。

ベルネームは、催眠術師とクライアント間のピエール・ジャネットが呼ぶところのラポールの役割を認識しそこなったとして批判されてきました。フロイトは、そこから転移の概念を進化させることになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>