ジョージ・エスタブルック

George Estabrooks

ジョージ・エスタブルック(George Estabrooks 1895年12月16日ー1973年12月)は、コルゲート大学のカナダ系アメリカ人の心理学者でした。マディソン郡没。

ハーバード大学を卒業し、ローズ奨学生を経て、コルゲート大学の心理学科の会長をつとめ第二次世界大戦中の催眠術の権威でした。彼は第二次世界大戦中の米国政府の催眠プログラムで知られています。

名言集

「私は人を催眠術をかけることができます – 彼の知識や同意なしに – 米国に対する反逆罪を犯すように。」

「催眠は危険ですか?そうなることもある。特定の状況下では、極端に危険である。それも殺人につながることが知られている。催眠術師と被験者の適切な組み合わせを考えると、催眠術は凶器になることができます。 」

「効果的なスパイや暗殺を作成するための鍵は、催眠術の助けを借りて、人間の人格を分割、または複人格化の作成にかかっている….これはサイエンスフィクションではありません。…私はそれを行っています。」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>