クラーク・レナード・ハル

Clark Leonard Hull

クラークレナードハル(Clark Leonard Hull1884年5月24日 – 1952年5月10日)は、行動の科学的法則による学習と動機を説明しようとした影響力のあるアメリカの心理学者でした。ハルは、エドワード・トールマンとの議論で知られています。彼はまた、駆動理論で知られています。

ハルは、エール大学に、元心理学者ジェームズ・ローランド・エンジェルによって採用され、で彼のキャリアの大部分を費やしました。彼は、行動は予測できることを実証する研究を行いました。彼の最も重要な研究は、暗記学習の数学的演繹論(1940年)と行動と原則(1943)で、これはその当時の支配的な学習理論として動物の学習と条件の分析法を確立しました。

ハルのモデルは、生物学的な用語で表現されています。

生物は剥奪に苦しみます。

剥奪は、需要を作成します。

需要が駆動機構を活性化させます。

駆動機構が動作を起こします。

動作は、目標に向けられています。

目標を達成することは生存する価値を有します。

彼はおそらく、生物は行動を起こす対象の最終段階で不均衡な量の努力を費やしているという、「目標勾配」効果やその仮説でよく知られています。現代では行動主義は人気がないため、時代おくれの理論として言及されます。それにもかかわらず、2002年に公開された一般的な心理学の調査では、21世紀に最も引用された20世紀の心理学者としてハルは選出されています。

ハルは1884年5月24日にニューヨークのアクロンにあるログハウスで生まれました。彼の父は暴力的な気性を持っていたことが知られていたます。彼の父親は、全く無学であり、コネチカットからきた内気な女姓と、彼女が15歳のときに結婚しました。

クラークの父親は、子供のころからたくさん働いていて学校教育の多くを受けていなかったため文字を読むことができず、最終的に彼の妻に読む方を教えられました。 3または4歳の時、ハルと彼の家族はミシガン州の農場に引越しました。ここでは、彼と彼の弟ウェインは、家の周りの肉体労働と家事を行うことで、農場の手伝いをしました。

ハルは、約20〜30人がいたシクルス村の小さな一部屋の学校で教育を受けました。彼はしばしば農場での作業を手伝うために学校を休みました。彼は早くから数学のにその才能を示しますが、文法はそうでもありませんでした。彼は11か12だったとき、彼は強制的にキリスト教の十字軍として知られている宗教団体によって改宗されました。この経験によって彼は宗教的アイデンティティを再考することとなり、最終的には完全に宗教を放棄してしまいました。

17歳の時、彼は教師の採用試験に合格し、同様の小さな校舎で教師になりました。彼の宗教的危機と彼の経験教育の組み合わせがさらに教育を追求するよう彼に影響を与えました。彼は、家事をすることと引き換えに学校の校長と生活しながら、西サギノー郡の高校に出席しました。ハルが神を信じていなかったので校長はほとんど彼を追い出しかけたが、校長の妻が思いとどまらせている。高校を修了した後、ハルは校長の元を去りましたが、彼の死まで、彼との連絡を取り続けました。

高校を完了した後、ハ​​ルはアルマ・アカデミーで勉強するようになりました。彼は数学、特に幾何学に優れていました。幾何学での彼の関心は、心が既に知られているものに基づいて、新しい接続を作成する方法について考え始めさせました。彼は尊敬するバールーフ・デ・スピノザの作品、最終的に反対の考えを持つにいたりましたが、をアルマアカデミーで詠みました。アカデミーを卒業しようとしていたころ、ある宴会に出席しましたが、食中毒により、腸チフスの近い致命的な症状に苦しみ、大学へ戻るのが遅れました。沢山の人がその時に死亡し、クラーク自身はほとんど死の間際までいきます。彼は生き延びましたが、永久的な記憶喪失と彼の人生の残りの部分で彼に影響を与えた名前を覚えられない後遺症が残りました。クラークの健康が改善されたとして、彼は彼がエンジニアになるために、数学、物理、化学を学ぶためにアルマカレッジに戻りました。彼の意図は、他の施設で鉱業工学プログラムに合格ですることでした。

アルマ大学の2年後、ハルは、ミネソタ州ヒビングへ引越し、見習い鉱山技師として仕事をしました。

しかし、2ヵ月後、ポリオに苦しみ、片足に麻痺を残してしまいます。彼は両親の家で回復を待たざるをえず、人生の道を再考することになります。彼はユニテリアン主義の大臣になろうと考えました。彼らの説教中心の哲学は彼にとって魅力的だったからです。哲学への彼の愛は、最終的に彼が回復の間に研究した、心理学への関心につながりました。

彼はウィリアム・ジェームズの本「心理学の原則」を読み進めることによって、彼の旅を始めました。彼はまた、ワトソンとパブロフの研究に特に興味を持ちました。読み始めた少し後、彼の視力が弱くなると、彼の視力が自分で読めるほど回復するまで母親が彼に読んでいました。一年後、彼は、一つ部屋の学校で教えることにしましたが、二部屋に拡大しました。二年間の授業の後、彼は非常に少しのお金でベルタ・ルツィと結婚しました。彼女と結婚した後、彼らは二人ともミシガン大学に通い始めました。ここで彼は、心理学の彼の正式な勉強を開始し、1913年に学士号で卒業します。

ケンタッキー州で教えた後、ハルはウィスコンシン大学院プログラムに参加するために、同大学のジョセフ・ジャストローの下の助手のポジションを受け入れました。授業を受け、仕事をしながら、彼は個人的に、進化の概念に基づいた研究に取り組み これは後に、彼の論文 「概念の進化の定量的側面」にまとめられます。卒業後、彼はハーフタイムのアシスタントとして働いて、最終的にエールに移動する前にウィスコンシン大学の専任講師として教えてしました。

彼は心理テストおよび測定コースを教えることができました。彼はもちろん、数学的な部分を愛しているので、彼は適性検査をクラスに実施し、職業指導の科学的根拠に焦点を当てました。一方では、ハルも自動的に彼のためにすべての相関の作業を実行できる機械を構築するための研究を行いました。適性検査のクラスを教えた後、クラークは、医学部進学課程の学生のための入門クラスを教えるようになりました。このクラスを教えている間、彼は特に暗示と催眠術に注目しました。これは、クラークは、実験心理学における定量的方法論に焦点を当てているこの分野での彼の実験的試験の出発点でした。綿密な研究を10年続けた後、彼は1933年に「催眠と暗示」を書きました。本を書いた後、彼は医学部進学課程のコースに加えて、このコースを教えることで、実験分野を継続することを決めました。クラークはこのコースを教える大きな願望を持っており、このタイプの科学が、真の心理学の基礎であるかのように感じていました。1929年に彼は体系的行動理論に関する問題に取り組む心理学の研究教授としてイェール大学の心理学の研究所に呼ばれました。1930年に、彼は心理学について、いくつかの結論に達しました。

第一に、彼は心理学が真の自然科学であるということでした。

第二は、その主な法則は適度な数式で定量的に表現しうること、およびすべての複雑な動作や、単一の個人は、第二法則のように導出されるであろうということでした。

第三は、(条件に基づいて)動作と主要な法則も同じ一次方程式から定量法として導出することができるということでした。

彼と他の心理学者(ニール・ミラー、ジョン・ダラード、O・H・モーワー)は、この考えをより推し進め、条件反射と行動を決定付けるものが何か追い求め、そしてフロイトと彼の追随者たちを理解しようとしました。これは最終的に彼の有名な「行動原則」つながりました。1929年に、彼はエール大学での働き出し、彼の死までそれは続きました。彼は、コネチカット州ニューヘブン、1952年5月10日に死亡しました。

ハルの主要な関心は、学習につながる学習の理論と行動でした。これは、彼の研究の目標でした。最終的にハルは学習理論は駆動理論や体系的行動理論と呼ばれるものを作り上げました。彼はまた、催眠術に興味を示していましたが、これは彼の仕事と研究生活の中で彼の最優先事項ではありませんでした。ハルは彼の駆動理論と催眠研究は、厳格な管理下にあったとしています。また、彼の研究で、彼はすべてのものをより正確に分析し、トピックに関する以前の研究よりも解釈が少なくなるよう定量的なデータを強調しました。

ハルは、しばしば、催眠術の近代的な研究を開始したといわれています。ジャストローから心理学のコースを受講しいたときにこの分野に興味を持つようになりました。水晶で荒れた生徒をトランス状態に入れた後、彼は現象とその医療への応用を研究し始めました。この分野の非科学性に不満を持ち、ハルは、自己申告に頼る代わりに行動を測定する学術的厳密さを求めました。教鞭をとる一方、彼は学生に催眠に関連する技術を教え、催眠の研究を行うよう学生を奨励しました。

彼の「催眠と暗示性」(1933)は、統計と実験解析を使用した、催眠現象の厳密な研究でした。ハルの研究では、催眠は睡眠とは関係がないことが何度も強調されています

(「催眠は睡眠ではない、…それは睡眠状態と特別な関係はありませんし、催眠術に睡眠が持ち込まれると全体があいまいになってしまいます。」)

彼の研究で、催眠が無気力ではなく覚醒に結びついていることがわかったので、催眠は、睡眠の反対であると言うようになります。ハルの研究では、彼の被験者は催眠術によって感覚が鋭敏になり覚醒感覚が強まったと感じました。実際には、催眠状態でハルの被験者の多くは、彼らの感覚が増加したことを信じていませんでした。彼らは純粋に自分の感覚が良いと思っていたが、これは重要な結果であることが証明されていませんでした。ハルの研究の主要な問題は、特に催眠によって認知や感覚が異常に改善すること、催眠術師の明らかに法外な主張の信憑性を検討することでした。

ハルの研究は、催眠状態と覚醒状態は、いくつかの簡単な違い以外にも、同じであることが示されました。これらの違いの1つは、催眠状態の被験者がより容易に覚醒状態に比べて、暗示に応答することです。ハルが考えていた他の唯一の顕著な違いは、催眠状態にある者がはるか過去に起こったイベントをよりよく思い出すことができることです。ハルの研究結果によると、これらの2つの相違点以外、覚醒と催眠状態の間に区別はありません。ハルの実験は、精神的に誘導された痛みの軽減と記憶の引き出しの見かけ上の阻害のような、いくつかの古典的な現象の現実を示しました。しかし、ハルの研究は、これらの効果は催眠が明確な状態とみなされることなく、むしろ暗示とモチベーションの結果として達成することができることが示され、これは催眠術の行動主義的研究の先駆でした。同様に、特定の物理的能力の中程度の増加と感覚刺激の閾値の変化が心理的に誘導することができることも示され、減衰効果は、特に劇的である可能性があるとされました。エールに移動した後、催眠に関する彼の研究に障害が発生しました。催眠の危険性を医学部が訴えたため彼は研究を中止するにいたりました。

1936年にハルは、学生や仲間と協力し、一緒に彼らは「月曜会」として知られるようになったイブニングセミナーのシリーズを開始しました。彼らは条件反射、行動原則、およびフロイトの精神分析などのトピックを議論することになります。これらの会議は、心理学者、社会学者、および人類学者などの間で人気となり、時には多くの70名もの人々が参加します。彼の後の人生で体調が優れなかったとき、彼の実験を行うために研究助手とボランティアの助けを借りていました。彼はまた、現在の心理実験と座談会に出席することができなかったため、代わりの人に出てもらっていました。

ハルは、1940年代と1950年代の間に最も頻繁に引用された心理学者の一人でした。適性テスト(1928)が広く引用された教科書であり、彼の「催眠と暗示性:実験的アプローチ(1933)」が広く研究されました。行動原則(1943)は心理学で最も広く引用された本の一つでした。実験心理学の古いハンドブックでは、彼の研究は、当時の他のすべての科学者よりも多くあった、80ページ以上言及されています。実験心理学のジャーナルおよび心理的な検討の前の問題で参考文献の40%以上に彼の作品の一つ以上が含まれています。ハルは、沢山の学生に助言をあたえ、心理学の分野への貢献をするようになった大学院生や心理学者に影響を与えました。ハルの影響を受けたの重要な人々の中には、アルバート・バンデューラ、ニール・ミラー、ジョン・ダラード、ケネス・スペンス、とジャネット・テイラースペンスがいました。ジョンダラードはエール大学で人類学、心理学と社会学を教え、社会階級や特定の学習経験を研究に興味を持っていました。ニール・ミラーは、彼が彼の博士号を取得したイェール大学でハルに師事しました。ミラーはまた、彼は動物のトレーニングに関する研究を行ったニューヨーク、ロックフェラー大学の生理心理学の研究室を設立し、この研究はバイオフィードバックを開発するのに役立ちました。ミラーとダラードが協力し、正常に心理療法や理解に適用された社会的学習理論を開発しました。彼らの本、社会学習と模倣は、道具的学習のために必要な4基礎を記載しています。これらは、ドライブ、キュー、応答と報酬であり、学習のハルの駆動減速理論に基づいていました。しかし彼らは、任意の強い刺激は、本質的にその特定の生物の必要性に縛られることなく、やる気やドライブの特性を有することができることを提案し、ハルの理論に似た構文構造を使用していました。彼らの本、人格と心理療法(1950)は、それが精神分析とハルの学習理論を組み合わせて、認知行動療法の基礎を築くのを助けたために非常に重要な書物であると考えられています。

ケネス・スペンスは、ハルのほとんど大学院生によく知られている一人でした。彼は、ハルの新行動主義をハル・スペンス理論に拡張し、学習、条件、モチベーションについての理論を確立しました。この理論は、刺激と反応が同時に発生したとき、人々は刺激応答の関連付けを学び、強化は行動に従事する者の動機と学習行動の発生が増加することを述べています。スペンスはインセンティブモチベーションと学習の獲得を記述するための数式を定式化し、方程式を開発する研究に貢献しました。スペンスは、動機付けの要因ではなく、ハルの理論の習慣要因に性能の向上にも寄与しています。彼は、学習のために強化が起こることが必ずしも必要ではなく、人々は、潜在学習を通じて学ぶことができると信じていました。彼はまた、弁別学習の理論を開発しました。彼の識別理論のいずれかまたは強化されていない刺激の値の周りに生成された興奮性および抑制ポテンシャルの勾配が存在することを示唆しています。彼の識別理論のいずれかまたは強化されていない刺激の値の周りに生成された興奮性および抑制ポテンシャルの勾配が存在することを示唆しています。アイオワ大学のケネス・スペンスと大学院生として働きながらジャネット・テイラー・スペンスは、彼女の研究を始めました。ケネスは、1960年に彼女の夫となりました。彼女の研究は、不安とハル・スペンス仮説の拡張でした。彼女はハルの動機づけの理論の構成要素であるdispositional形質、または「ドライブ」として不安を検討しました。彼女は高い不安レベルを持つ人々が不安の低いレベルのものよりもまぶたをより動かすであろうと予測しました。 スペンスはその後、彼女の仮説、テイラーマニフェスト不安尺度を測定するために自分の尺度を開発しました。彼女の後の研究がハルのドライブ理論を精緻化することに主に焦点を当てた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>