アンドレ・ウェイトゼンホッファー

André Muller Weitzenhoffer

アンドレ・ミュラー・ウェイトゼンホッファー(1921年1月16日 – 2004年2月24日)は、20世紀後半の催眠術の分野において最も多作の研究者の一人でした。1949年から2004年の間に100の出版物を執筆しました。彼は1992年にアメリカ心理学会の科学催眠賞の特別貢献賞など、いくつかの専門学術を受賞しました。

ウェイトゼンホッファーは14の科学出版物の著者または共著者でした。1956年にミシガン大学で心理学の博士号を取得する前にも本を書いています。1957年、アーネストR.ヒルガードの招待で、彼は人間開発とスタンフォード大学の心理学科の実験室に移動しました。1962年にオクラホマ大学に移り、退役軍人局医療センターで臨床サービスを提供し研究を重ねました。アメリカの臨床催眠の黎明期の重要な人物で、臨床催眠のアメリカジャーナルの最初の準編集者の一人でした。

夏のキャンプでカウンセラーによる催眠デモンストレーションを見て、その後、ステージ催眠ショーを見てから、12歳で催眠術に興味を持つようになったとのちに語っています。

ミルトン・エリクソンとは友人で、共同研究を行い、互いの仕事を尊重していました。しかし、彼はエリクソンの理論と実践の特定の側面には反対していて、その後特にエリクソンの見解を主張する人に批判的でした。

ー私たちは、私が思うに、かなりの年齢差によって分離されたにも関わらず良い友達であり、専門家として互いに高い敬意を持っていました。数年間臨床催眠のアメリカジャーナルの共同編集者として、

私は、その出版物で彼と密接に働きました。私はまた、1960年代に、彼の出版された若干数の論文の彼のコンサルタントでした。私たちは、意見だけでなく、目標も違いました。しかし、これらの違いは、私たちの間の摩擦の原因であったことはありません。年を経るにつれ、彼の死以来、伝説で起こるように、エリクソンは、ますます生きた伝説となっています。彼についての話は多かれ少なかれ架空のものが入り混じり始めています。

ウェイトゼンホッファーは、エリクソンの理論と実践、および、彼のライフワークに関する他人の主張、に関する様々なポイントを詳細に述べます(催眠術(2000)他)。

スタンフォード催眠感受性スケール

スタンフォード大学でアーネストR.ヒルガードとの共同で、スタンフォード催眠感受性スケール、催眠感受性のスタンフォード大学のプロファイル・スケール、および 催眠術の分野で最も広く参照された研究ツールであるフォームIおよびIIの開発をしました。

最初の論文の発表は1949年、異常社会心理学ジャーナルで「催眠下での反社会的行為の生産」、その後、催眠術に関して、100以上の雑誌の記事、本を、執筆しています。1953年に催眠術、催眠術に関する最初の本を出版しました:「暗示性の客観的研究」。彼は、催眠療法で最も広く読まれた科学と臨床教科書のひとつを執筆しました:催眠術の実践、第二改訂版、2000年発行。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>