アンブロワーズ・オーギュスト・リエボー

Ambroise-Auguste Liébeault

アンブロワーズ・オーギュスト・リエボー(Ambroise-Auguste Liébeault)は(1823年-1904年2月18日、ナンシー)はフランスの医師でした。

「ナンシー派」、または「暗示派」として知られる有名な一派の創設者として広く知られています。現代催眠療法の父であると多くの人に考えられています。

ナンシー派は、それ前の磁気の症状やヒステリーや心理生理現象として催眠トランス状態を考える派閥とは対照的に、催眠術を暗示によって誘導される正常な現象であるとしていました。

アンブロワーズ・オーギュスト・リエボーは、1823年9月16日に、フランスのロレーヌ地方の小さな町、Favièresで生まれました。彼は1850年26歳でストラスブール大学で医学の学位を修了しました。

彼はその後、ナンシーの町の近く、ポンサンヴァンサンの村で開業しました。

後に彼の機関は、ナンシーの医学部で有名な教授であるイポリット·バーンハイム博士の協力を得て、ナンシー派の中心となりました。

リエボーは間接的に、アッベファリア(1746-1819)やアレクサンドル・ジャック・フランソワ・ベルトラン(1795-1831)の影響を受けていました。

最も強く影響を受けていたのは、スコットランドの外科医ジェームズ·ブレイドの考え方(1795年-1860)です。ブレイドの主要なフランスの弟子であるボルドーのエティエンヌ・ウジェーヌ・アザム(1822-1899)を通じて彼はブレイドに紹介されました。

彼の最初の本、「身体と心の作用の観点から見た睡眠とその類似状態」は1866年に出版されました。

これは、「誘導睡眠と類似状態」として1889年にほぼ同じ形で再版されました。

フロイトとエミール·クーエはナンシーに来て、リエボーから学んでいました。クーエはナンシーでリエボー(とベルネーム)と共に長期間にわたって、非常に広範に研究しながら、フロイトは単にナンシーを訪問しベルネームに会っています。オットー・ゲオルグ・ウェターストランド(1845-1907)も大きくリエボーの影響を受けていました。

彼は1904年2月18日に80歳で死亡しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>